コンクリートの駐車場

コンクリートの駐車場とは

住宅にコンクリート施工の駐車場

木造建築の一戸建てでも、基礎はコンクリート基礎で施工されています。基礎と連動させる設計で駐車場を作れば、コンクリートを効率よく活用できます。住宅の基礎と駐車場を連動させられるので、敷地における建物の強度が大きくなります。住宅の基礎の形式が何であったとしても、施工面積が拡大されますので、竜巻に対して強い構造にできます。竜巻は浮力に対する耐久性が重要なので、ある程度の重量が必要です。建物の床面積に相当する部分だけでなく、外構の部分にも建物と連動させた重量を施工できるので、浮力に対して強度を発揮できる建物に仕上がります。

駐車場は必要不可欠ですが。

学生の時はそうでもありませんが、1人の大人として、実家を離れ生活を始めると、住宅に車があると行動範囲が広がり大変便利です。しかし日本の住宅事情では駐車場つきというのはなかなか住むことが出来ません。とおく離れている場合も多く、雨の日は不便ですし、買ってきたものを1人で運び入れる場合は結構大変です。また、洗車も不便で、ガソリンスタンドにもっていくとか、そう簡単には気軽に洗車をすることが出来ません。それでも車の購入時には車庫証明が必要ですから、駐車場はなしというわけにもいきません。別に借りると毎月の場所代も要ります。やりくりは本当にたいへんですね。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅の駐車場の配置には All rights reserved