駐車場のデザイン

駐車場のデザインについて

住宅の駐車場をデザインする

住宅の敷地内に駐車場を施工したい場合は、デザインにも注目しましょう。通常の施工では二台分しか確保できない敷地面積でも、門扉やフェンスなどの外構を全体的にデザインすることで三台目のスペースを確保できるようになります。フェンスや生垣を施工しないようにすると、コンクリート舗装面の仕上げで駐車スペースに転用できます。マイカーを所有する家族の人数分だけでなく、親戚や知人が訪問してきたときにも活用できるのが駐車場のメリットです。住宅を建物の間取図だけで判断せずに、敷地面積を全体的に把握した概要図で判断するようにしましょう。

住宅に駐車場があると便利

車を所有している場合には、別途に駐車場を確保しなければなりません。ですが、住宅を作るときには、そこに車をおけるようにしっかりとそのスペースを確保することで、わざわざ別の場所にそのスペースを確保せずに済みます。また、その維持費なども家計の出費につながるため、自宅などの敷地内にある程度ゆとりがあるならば、住宅内に駐車場のスペースをキープすることで、余計な出費を抑えることにもなるでしょう。また、しっかりとした状態をつくることで、車なども収納できる状態ならば、風雨にさらされることもなく、車自体へのダメージも軽減されるため、自宅にそのスペースを確保するといいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅の駐車場の配置には All rights reserved